天気予報

27

23

みん経トピックス

さいたま新都心大道芸フェスさいたまで石焼き芋移動販売

大宮で「さいたま市消防出初め式」 一斉放水に市民の歓声

大宮で「さいたま市消防出初め式」 一斉放水に市民の歓声

青空に向かって一斉放水

写真を拡大 地図を拡大

 さいたま市消防出初め式が1月10日、大宮消防署訓練場(大宮区天沼町1)で行われ、恒例の消防部隊訓練、はしご乗り、一斉放水などに市民は歓声や拍手で盛り上がった。

迫力あるヘリコプターの訓練

 同市清水勇人市長の訓示をはじめとする式典が分刻みのスケジュールで執り行われた後、訓練、演技と続いた。

 消防部隊訓練では、緊迫し騒然とした本番さながらの様子に大きな歓声が上がった。大宮区から3歳の長男と来た赤羽恵理さんは「子どもが1歳の時から毎年来ている。息子は消防車両の中に入れるのが楽しいようだが、自分はやはり訓練が一番面白い。特にヘリコプターの訓練が興奮する。風とホコリを感じるのがいい」と笑顔で話していた。

 出初め式の定番「はしご乗り」では、大宮とび職組合、浦和とび組合、与野とび組合などが参加。2つのはしごで、身軽な技を披露した。

 訓練のトリの「一斉放水」は合併記念見沼公園方面に向けて行われ、約40秒間のダイナミックな放水に歓声が上がった。大宮区在住の女性は「88歳で初めて来たが迫力にびっくりした。来て良かった」とほほ笑んでいた。

グローバルフォトニュース