買う 暮らす・働く

ミス埼大コンテスト-ネットでは「今年はレベルが高い」と話題に

ミス埼大ファイナリストの5人

ミス埼大ファイナリストの5人

  •  
  •  

 埼玉大学(さいたま市桜区下大久保)で、11月22日、「ミス埼大コンテスト2014」が開催される。

候補者の清水みゆきさん

 同大学の学園祭「第65回むつめ祭」の野外メーンステージで開催される同コンテスト。今年で6年目を迎える。企画・運営は同大学の学生団体FP。

[広告]

 同コンテスト運営代表者の長田美寿寿さんは「今年のミス埼大のテーマは『音で魅せる私』。普段では見られないミスの新しい一面を魅せたい」と話す。

 今年は動画に力を入れ、候補者の写真やプロフィール以外にも、浴衣や昭和レトロなどプロモーション動画を公式サイトにアップしている。まとめサイトや掲示板などでは、「今年のミス埼玉大学はハイレベル」「かわいい」などの盛り上がりを見せている。

 今年は「アピールdaサイタマ」として、ミス埼大と埼玉県に縁のある人とで埼玉県を盛り上げる動画を制作。大宮アルディージャMF金澤慎選手、北浦和出身のロックバンドthe telephones、埼玉西武ライオンズ菊池雄星選手とのコラボ動画も公開した。「ミスの活動を通じて埼玉県を知ってもらえれば」と同コンテスト運営者の一人である清藤翔平さんは話す。

 コンテスト候補者の清水みゆきさんは「7月1日のファイナリスト決定からのこの5カ月間で、浦和パルコや氷川神社など埼玉県に縁のある場所で活動をしてきた。埼玉が盛り上がれば」と期待を込める。

 「周りの人の支えがありミスコン当日を迎えられるという感謝の気持ちを忘れない。当日は実家の宮崎から両親と祖母が見に来る。最初は心配していた父親も今は楽しみにしてくれている」と甲斐晴菜さん。

 加藤里佳子さんは「東京都の八王子市出身で今も八王子から通学しているが、ミスコンを通じて埼玉県のいろいろな場所に行けて多くの人と出会えた。ミスコンに参加して成長できた。周りの人の応援もあり、当日は感謝の気持ちを伝えたい」と話す。

 吉岡文佳さんは「今のリハーサルをやっている段階で、実感が湧いてきて、もうすぐ終わりかと思うと寂しい気持ち。貴重な体験ができたので、そう思える。緊張するけど当日頑張りたい」と意気込む。

 「今まで団体行動がそこまで得意ではなかったが、この5カ月間の活動では皆との思い出ばかり。埼玉県を盛り上げる企画もたくさん立ち上がってうれしい」と福山ちひろさん。

 グランプリは、事前のインターネット投票と「むつめ祭」当日票を合わせた合計票で決定する。同コンテストでは「SAIDAI COLLECTION 2014」として、昨年のミスのファイナリストを含む埼玉大学の学生25人によるファッションショーも同時に開催する。

 開催時間は15時~。

  • はてなブックマークに追加