3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

ミス埼大コンテスト2016ファイナリストが決定 浴衣姿でお披露目イベントも

初めてのトークショーで浴衣姿で話すミス埼大コンテスト2016ファイナリストの5人

初めてのトークショーで浴衣姿で話すミス埼大コンテスト2016ファイナリストの5人

  •  
  •  

 ミス埼大コンテスト2016のファイナリストが決定し、7月3日、お披露目イベントがステラタウン大宮(北区宮原町1)のメローペ広場ステージで開催された。主催は埼玉大学学生団体FP。

浴衣姿で打ち水イベントに参加するミス埼大コンテスト2016ファイナリストの5人

 今年は「ワタシがつくるワタシの色」として、「同じ大学生・ミスコンファイナリストだけれど、ワタシにはワタシだけのストーリーがある、色がある。」をテーマにしている。

[広告]

 お披露目イベントでは、ファイナリストが浴衣姿で打ち水を行い、初めてのトークショーに臨んだ。和太鼓グループ「彩」による演奏、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のさいたま観光大使「大宮セブン」メンバーによる漫才も行われた。

 トークショーでは、それぞれのミス埼大ファイナフィストが抱負を話した。教育学部3年の小野夏帆(おのなつほ)さんは「初めてのイベントなので、まずは私たちのことを知ってほしい。名前が呼ばれづらいので少しでも覚えてもらえるように頑張る」と話した。背が高くクラシックバレーの経験がある小野さんは、大分県出身で温泉に行くのが好きで、最近は音楽フェスに行きたいという。

 教育学部3年の長谷川美悠(はせがわみゆ)さんは「初めてのことなので期待と不安がいっぱい。女子力を磨きたい」と話した。栃木県から1時間半掛けて大学まで通い、月に1回はディズニーに行くといい、SNSで美少女探しをするのが趣味。

 教養学部3年の江畑聖亜(えばたせいあ)さんは「これから見られることが増えてくると思うので、見られることにも意識しつつ、すてきなミスコンをつくり上げたい」と話した。秋田県出身で、現在は東京ドームでビールの売り子のアルバイトをしている江畑さんは、野球選手の背番号と名前を覚えるようになったという。

 経済学部3年生の城野千紘(じょうのちひろ)さんは「5人で迎えた初めてのイベント。ミスコンを通じて多くの人と知り合いたい」と話した。栃木県出身で、吹奏楽部出身。nanaという歌をシェアできるアプリにハマっていて歌っているという。

 教育学部3年生の河野結美(こうのゆみ)さんは「初めてのイベントで緊張している。約半年間の活動で笑顔と感謝を忘れないようにしたい」と話した。静岡県浜松市出身。辛い食べ物が好きという。

 同学生団体の広報統括の小野寺史織さんは「ミス埼大コンテストという同じ舞台で、5人それぞれが魅せるさまざまな表情にご注目ください」と呼び掛ける。

 11月の本番に向け、今月からミス埼大ファイナリストとしての活動が始まる。同大の学園祭「むつめ祭」の最終日、11月26日にミスが決定する。

Stay at Home