天気予報

6

1

みん経トピックス

さいたま市に食事処新店埼玉ベンチャーピッチ特別版

大宮・氷川参道にコーヒー専門店「常盤珈琲焙煎所」埼玉県内5店目

大宮・氷川参道にコーヒー専門店「常盤珈琲焙煎所」埼玉県内5店目

ハンッドリップで丁寧に淹れられるコーヒー(写真撮影:玉利彰大さん)

写真を拡大 地図を拡大

 さいたま市大宮区の氷川参道に面する通りにコーヒー専門店「常盤珈琲焙煎(ばいせん)所 大宮氷川参道店」(さいたま市大宮区高鼻町1、TEL 048-783-4883)がオープンした。

店長の和泉瞳子さん おいしいコーヒーの入れ方も教えてくれる

 2012年2月に大宮駅西口にオープンした常盤珈琲焙煎所は、羽生、浦和、北浦和に店舗を構え、同店で5店舗目。埼玉県内に特化したスペシャリティコーヒーの専門店で、よりすぐりのコーヒー豆を最短ルートで買い付け、豆販売の際はオーダーごとに生豆を焙煎し提供する。「コーヒー豆は焙煎後からどんどん酸化が始まるので、よりおいしい状態でお客さまに提供できれば」と店長の和泉瞳子さん。

 白を基調とした、シンプルでモノトーンな同店には常時約6種類のブレンドと22~23種類のシングルオリジンの豆をそろえ、豆の販売のほか、カフェとしての利用もできる(コーヒー290円~、ハンドドリップコーヒー390円~)。テラス席には犬のリードをかけるフックも設置し、氷川参道を散歩する人の休憩利用や、向かいにある図書館利用者のカフェ利用が多いという。

 和泉さんは「埼玉県内にはスペシャリティコーヒーの専門店が少ないのが現状。豆の特徴やコーヒーの入れ方などを紹介していくことで、コーヒーの楽しみ方を広めていきたい」と話す。

 現在のシーズンブレンドは「初春(はつはる)ブレンド」(100グラム税込み691円)で、1月18日まで販売予定。翌日からはバレンタインを意識したスウィートショコラブレンドを販売する。

 営業時間は9時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング