食べる

大宮に神戸発祥のパン店「CASCADE」 関東初出店

人気商品の「モルトくるみパン」

人気商品の「モルトくるみパン」

  •  
  •  

 大宮マルイ(大宮区桜木町2)の1階に7月21日、神戸発祥のパン店「BOULANGERIE CASCADE(ブーランジェリーカスカード)がオープンした。関東では初出店となる。

外観。スタイリッシュな印象

 1961(昭和36)年に創業し、神戸を拠点に大阪や京都などに14店舗展開する同店。ヨーロピアンブレッドを中心に提供する同店のほか、和素材や健康素材をテーマにしたブランドなど7ブランドを展開する。

[広告]

 同店の創業当時から貿易港として栄えていた神戸では、多国籍な人々の口に合うようにとパン文化が定着。現在も個人店から大手チェーンまで多くのパン店が軒を連ねる「パン激戦区」という。同店では、海外製の窯を使ってじっくり焼き上げるハード系ブレッドなど、創業57年で培った製パンノウハウを生かしたヨーロピアンブレッドを提供する。

 店長の斉藤容一さんは 「常に焼きたてのパンを味わっていただけるよう、2時間に1回は何かしらのパンが焼き上げられるようにしている。全てのパンを厨房(ちゅうぼう)で粉から手作りしているので、小麦や素材の風味を感じていただければ」と話す。

 「モルトくるみパン」(160円)は、ライ麦やモルト、大豆、ヒマワリの種などを使ったもっちり生地にクルミの食感のアクセントが良い人気商品。2016年には、くるみパンの日本一を決めるコンテスト「くるみパンオブ・ザ・イヤー」で「かしこいくるみ賞」を受賞している。そのほか、長時間発酵で小麦の甘みを引き出した「低温熟成バゲット・トラディション」(260円)や、肉の形を残し食べやすい辛さに仕上げた「特製ごろっと牛肉カレーパン」(190円)、神戸では定番というラグビーボール型の「レトロメロンパン」(150円)は中に白あんを詰め込んでいる(全て税抜き)。イートインスペースがあり、店内で焼きたてが食べられる。

 オープン記念として7月27日までの期間、合計金額600円以上でコーヒー1杯無料券を配布している。斉藤さんは「コーヒーをはじめとしたドリンクにも力を入れている。焼きたてのパンと一緒に召し上がっていただければ」とほほ笑む。

 営業時間は8時~21時(日曜・祝日は20時30分まで)。

  • はてなブックマークに追加