食べる

さいたま新都心に薬膳カレーの「カリーキングダム」 オリジナルルーで激辛も

店主の谷垣さん

店主の谷垣さん

  •  

 薬膳カレーの「カリーキングダム」(さいたま市中央区上落合5、TEL 048-855-9339)がさいたまスーパーアリーナ近くにオープンして2カ月がたった。

ツインステーキカレー

 20年以上の飲食店経験があるシェフの谷垣友僖榮さんが長年の夢を実現させ開いた同店。席数はカウンター6席、テーブル4席。

[広告]

 8時間煮込んだテールスープに野菜をふんだんに溶け込ませ、厳選スパイスとガラムマサラによって仕上げた。直径36センチの皿に約300グラムのライスを盛る。

 メニューは、キングダムカレー(529円)、こんがりチーズカレー(745円)、大きなオムレツカレー(745円)、ステーキカレー(853円)、ツインステーキカレー(1,080円)のほか、ステーキ(324円)、オムレツ、チーズ(以上216円)のトッピングも用意。激辛が好みの人には特製スパイス(108円)をルーに追加することもできる。

 谷垣さんは「だしが溶け出たテールスープからルーを作るので栄養たっぷり。使っている野菜とスパイスは独自ルートで仕入れる企業秘密で、ルーそのものの製法もオリジナル。薬膳カレーを召し上がって、暑い夏を乗り切っていただければ」と勧める。

 平日は数量限定でコンソメスープとキャベツピクルスを無料で提供する。テークアウトも可能で、10食以上の場合は要予約。

営業時間は10時~15時(ルーがなくなり次第終了)。火曜定休。