食べる

さいたま新都心に「麺家 紫極」横浜家系の濃厚豚骨しょうゆラーメンを埼玉で

店長の荒井さんとのり・ほうれん草ラーメン

店長の荒井さんとのり・ほうれん草ラーメン

  •  

 横浜家系の濃厚豚骨しょうゆラーメンを提供する「麺家 紫極」(大宮区北袋町1)が8月23日、さいたま新都心にオープンした。

鉄板の組み合わせ「のり・ほうれん草ラーメン」とライス

 店長の荒井剛さんの「地元埼玉を盛り上げたいという」気持ちとラーメン好きが高じてオープンした同店。荒井さんは仕事帰りに都内のラーメン店巡りを約3年間続ける中、特に横浜家系らーめん二代目武道家(東京都中野区)が好きで常連になった。その後、飲食店を自分で出したいという気持ちが強くなり、同店で1年半働いてラーメンの作り方を学んだ。ラーメン店を巡る中で接客も観察し、客の反応に早く気付くように心掛けているという。

[広告]

 「『のり・ほうれん草ラーメン』(850円)とライス(50円)の組み合わせが家系ラーメンの鉄板。埼玉ではなじみがないので広めていきたい」と荒井さん。ラーメンは豚骨を強火で長時間炊き上げ骨の髄まで味を出した濃厚なスープが特徴。麺は酒井製麺の麺を使う。ライスはあえて硬めに炊いており、客はラーメンのスープでおじやにしたり、のりで食べたりしている。

 麺の硬さ、味の濃さ、油の量は自分で選択できる。「味の濃さ、油の量が調整できるので自分好みの味を見つけてほしい。麺は硬めがオススメ。バリカタも注文してもらえれば対応できる」と荒井さんは話す。

 メニューはほかにも「チャーシューメン」(900円)、「全部のせラーメン」(1,000円)、麺の量が半分で味玉とからだすこやか茶Wが付く「レディースセット」(700円)を用意する。

 「店名の『紫極』という言葉は神より上の存在、天上の最高神という意味がある。みんなに愛されるラーメン屋になってほしいという思いで付けた」と荒井さん。「紫」は荒井さんがファンである、ももいろクローバーZの高城れにさんのイメージカラーにも由来する。看板の色や店内のふきん・のれんも紫で統一するというこだわりよう。

 荒井さんは「地元を盛り上げたい気持ちが強かったので、地元の埼玉で出店できてうれしい。中野に何度も通ったくらい好きな濃厚な豚骨しょうゆラーメンを埼玉で楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は11時~16時、17時~22時。火曜定休。