食べる

大宮駅東口に時間無制限飲み放題「パブリックスタンド」埼玉初 交流の場にも

会社帰りに同僚とレセプションパーティーに参加し楽しんだ

会社帰りに同僚とレセプションパーティーに参加し楽しんだ

  •  

 時間無制限飲み放題・出入り自由のバー「パブリックスタンド」(さいたま市大宮区宮町1)が12月14日、大宮駅東口にオープンした。経営はセクションエイト(東京都渋谷区)。

イラストレーターbuggyさんのイラストが壁に描かれる

 2017年1月に恵比寿に1号店を出店後、関東のほか新潟・大阪エリアでも展開し、埼玉初出店の大宮店は14店目となる。同社マーケティング本部長の小泉由貴子さんは「当社は『婚活応援酒場 相席屋』も展開しているが、2人1組でないと入れないため、一人でも行きたいというニーズがあり、一人でも気軽に入れる立ち飲みバーを始めた」と話す。

[広告]

 同店では時間無制限飲み放題・出入り自由というシステムを採用し、価格は女性=1,080円、男性=3,240円(金曜・土曜・祝日前日=3,780円)。リーズナブルな価格設定と時間制限を無くし入店の敷居を低くし、幅広い年代の利用に対応する。

 3フロア構成のバーで、メインフロア1階のバーカウンター では146種類のドリンクを飲み放題で提供。ビール、ハイボール、カクテル、ワインなどを揃える。アルコールのほかコーヒーメニューも用意し、「夜カフェ」としても利用できる。「アウトローで無機質」な雰囲気の地下1階は喫煙席。ファッション誌を中心にアートーワークで活躍するイラストレーターbuggyさんがデザインした。2階ではダーツも楽しめる。今後は3階、4階にも拡張予定だという。

 同店では6枚綴りのチケット(3,780円)を購入し入場することもできる。チケット1枚で飲み放題メニューのドリンクが注文でき、2枚で「レッドブルウォッカ」や「テキーラ」、ウィスキーの「山崎」「白州」など飲み放題メニューにはないドリンクが注文できる。他にも別料金で「ドンペリニョン」(32,400円)や「テキーラサウザブルー」(10,800円)なども注文可能。

 飲食事業本部本部長の竹内仁栄さんは「パブリックスタンドはいろいろなシーンで人と交流ができるのが特徴。貸し切りの対応やケータリングの手配も可能で、大宮店はオープン前にママ会をしたいという問い合わせがあった」と話す。

 同店を立ち上げた竹内さんは「大宮にオープンしたことで都内に出なくてもよくなり、大宮での人の交流を活発にして盛り上げていきたい。パブリックスタンドは『笑顔をバズらせる』が理念。ワクワクドキドキできる体験を提供し、翌日の仕事への活力も与えていきたい」と意気込む。

 営業時間は17時~翌4時。