見る・遊ぶ

さいたまでインド古典舞踊の日本人最年少ダンサーが公演 目力で魅了

華やかな衣装で踊るカナメさん

華やかな衣装で踊るカナメさん

  •  
  •  

 インド古典舞踊バラタナティアムの日本人最年少プロダンサー富安カナメさんが1月20日、路地裏Garage Market(さいたま市鈴谷7)で公演を行った。

力強い目力で踊るカナメさん(関連画像)

 カナメさんは、父親の仕事の都合で4歳から6年間インドの首都デリーに滞在している時、治安と気候上、自由に外出ができなかったことから、運動不足解消にとバラタナティアムを始めた。

[広告]

 バラタナティアムはインドの4大古典舞踊の一つと言われ、裸足を床に打ち付けるような激しいステップが特徴。中腰の姿勢で全身と指先まで使って踊り、顔の表情も使うさまは「踊るヨガ」とも言われるという。母親の敦子さんは「娘のモチベーションのために一緒にやってみたこともあったが、膝を痛めてしまってすぐに辞めた。全身を使うかなり激しい踊りだと実感した」と話す。

 4歳からバラタナティアムを習い始めたカナメさんは、8歳から北インド最大のバラタナティアムの学校「ガネーサ・ナティアラヤ」に入門し、世界的に活躍しているグル・サロジャ・ヴァイディヤナタンに師事。

カラフルで奇麗な衣装、目力を強調する華やかなメーク、動くと軽やかな音がするアクセサリーを身に着けて踊ることを楽しみに、毎日長時間の練習に励んだ。昨年9月には、11歳でアランゲトラムの公演をデリーで行った。

 「アランゲトラム」は、バラタナティアムのプロデビュー公演のことで、1時間半もの舞台を1人で踊る。これを無事に成功させることで一人前のダンサーとして舞台を行うことができる。一般的には、早くても16歳前後で挑戦することが多く、11歳で挑戦したカナメさんは、日本人のプロのバラタナティアムダンサーとして最年少であるだけでなく、インドでも早めの部類に入るという。日本に帰国してからは、ネットを使いオンラインでレッスンを受けている。

 この日の公演では1演目につき5~10分を踊り、合間にはカナメさんが次に踊る演目の説明をした。踊る時は、衣装や化粧で華やかに着飾り、手足表情を巧みに使いプロの踊りを見せたが、演目の説明ではかわいらしい笑顔と話し方で小学生らしい様子も見せた。

 見に来ていたさいたま市の鏡マリさんは「目力が強く、目で表現する力がすごかった。踊り始めに音楽が止まってしまった時も冷静に対応していてプロ意識の高さを感じた」と驚く。

 敦子さんは「カナメと同世代の小中学生の前で公演するような機会をつくっていきたい。インドのことを知ってもらい、同世代でも一つのことを極めプロになるということができる、ということを伝えていきたい」と話す。

 カナメさんは「踊りを覚えるのは大変だけど、公演があるとそれを目標に頑張れる。これからも踊りを続けていきたい」と笑顔で話す。

  • はてなブックマークに追加