見る・遊ぶ

草加市のシェアアトリエで地域マルシェ 「手作り」で来場者おもてなし

子どもも楽しめるワークショップも

子どもも楽しめるワークショップも

  •  
  •  

 地域イベント「ピクニックマルシェ」が4月27日・28日、草加市のシェア型施設「シェアアトリエつなぐば」(草加市八幡町)で開催される。

入居者を中心に「手作り」のおもてなしをする

 草加市を中心とした地域の女性が、子育てをしながら働ける場所や、地域で生活・活動する人がつながる場を提供している同施設。昨年6月にオープンし、入居者は手作りのモノ・コトを仕事にする女性が中心。個人事業主として活動している人や、これから手に職をつけて働きたいと考えている女性などさまざまで、入居者同士でイベントを企画することもあるという。

[広告]

 運営する「つなぐば家守舎(やもりしゃ)」の小嶋直さんは、「シェアアトリエつなぐばでは、入居者同士の交流や共同イベントなどによって、各自プラスアルファの活動につながることが多い。料理を仕事にしている人は外部からケータリング依頼が来たり、ドライフラワー作家さんは、外部講師の仕事が入ったりと、活動の幅を広げている印象がある」と話す。

 「ちいきと、つなぐば」をコンセプトに開く同イベントは、昨年10月に続き2回目。同施設や地域で活動する人、他地域で地域課題に取り組んでいる人など幅広く出店し、昨年は家族連れを中心ににぎわった。「地域の盛り上げに貢献したいと考えている出店者が多く、農家まで出店するほど地元密着なイベントに仕上げているのが特徴。草加の人でもそうでなくても、入り込みやすいイベントになるよう企画している」と小嶋さん。施設の前にある八幡西公園では、会場で購入した食べ物などの持ち込みも可能。レンタルできるバスケットやラグを広げてピクニックのように楽しめる。

 「大人と子どもが一緒に楽しめるワークショップや、所沢在住で埼玉や東京を中心に活動するスチールパン奏者、伊澤陽一さんの音楽ライブも企画している。どなたでも親しみやすいイベントなので、家族で遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 最寄り駅からはレンタサイクルの利用も可能。開催時間は10時~15時。

  • はてなブックマークに追加