暮らす・働く

さいたまスーパーアリーナでビジネスフェア 県内外から260企業・団体が出展

カテゴリーごとにエリア分けされた会場 一般来場者も多数

カテゴリーごとにエリア分けされた会場 一般来場者も多数

  •  
  •  

 埼玉県内外の企業や団体のビジネス展示「さいしんビジネスフェア2019」が6月12日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区新都心8)で開催された。主催は埼玉縣信用金庫。

「ワガクリーナース」社長の高田さん 靴ウォータークリーニングを紹介した

 県内外の約260の団体・企業が出展し、ビジネスの紹介やビジネスマッチングを行う同イベント。2015(平成27)年、2017(平成29)年に開催し、今回で3回目。「AI・IoT」「機械・金属・加工技術」「環境・エネルギー」「健康・医療」「クールジャパン」のカテゴリーごとにエリア分けされ、自由に見学、サービスや商品の説明が受けられる。ご当地グルメの飲食ブースや、スポーツ選手による基調ステージなどを企画し、一般客も多く、約1万5000人が来場した。

[広告]

 「クールジャパン」部門で出展した衣類クリーニング業の「ワガクリーナース」は、水を基本とした天然由来のものを使用して汚れを落とす「ロハスウォータークリーニング」を紹介。ドライクリーニングは、落ちにくい汚れにも対応することや、仕上がり時に型崩れしにくいことが特徴だが、有機溶剤を使用するため環境への影響が懸念されている。同サービスは環境に優しい上に、帽子や靴、鞄などの革製品の洗濯もできるという。同社社長の高田智さんは「身に着けるものが清潔になっても、そのせいで地球が汚れてしまうのでは意味がない。手頃な価格でご案内し、人も服も地球も本当の意味で奇麗にしたい」と意気込む。

 全国の信用金庫ネットワークで、県外からも多くの企業・団体が出展した同イベント。和歌山県新宮市でリラクセーションサロンやアロマオイルの販売などを行う「エムアファブリー」の堀由起さんは「普段は新宮市の店舗やオンライン販売、クルーズ客船での販売が中心で、関東で活動する機会は少ないが、信用金庫のつながりで出展の機会をいただいた」と話し、熊野の森の木々から抽出したアロマオイルや化粧用品を展示・販売した。木の香りは土壌によって変わるため、同じ品種の木でも、生息地によって香りはさまざまという。「身近な場所に森があるのが当たり前だったが、そのおかげで気持ちも身体も健康でいられることに気付いたことがアロマオイルを作り始めたきっかけだった。熊野の香りをたくさんの人に届けられれば」とほほ笑んだ。

 主催スタッフは「今年は前回に比べてIT・IoT部門での出展企業・団体が増えた。飲食ブースやステージ企画など、一般的なビジネスフェアとは違う企画も多いので、一般の方にも楽しんでほしい」と笑顔で話した。

  • はてなブックマークに追加