買う

さいたま市がキャッシュレス決済ポイント還元キャンペーン第2弾 最大20%還元

さいたま市内のPayPay加盟店のうち、さいたま市とPayPayが指定した中規模・小規模加盟店での買い物が対象

さいたま市内のPayPay加盟店のうち、さいたま市とPayPayが指定した中規模・小規模加盟店での買い物が対象

  • 18

  •  

 さいたま市が現在、市内の対象店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を使って買い物をした人を対象に、決済金額の最大20%をポイント還元するキャンペーンの第2弾を行っている。

のぼりなども目印に

 新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ地域の消費の活性化とともに、キャッシュレス化の促進による「新しい生活様式」の普及が目的。さいたま市内のPayPay加盟店のうち、市とPayPayが指定した中規模・小規模加盟店での買い物が対象となる。さいたま観光国際協会によると、対象店舗は約5000店。付与上限は、1回=1,000円相当、期間内=1万円相当。

[広告]

 大宮駅東口に勤務する女性は「前回の還元セールの時はランチを地元の個人店で食べてPayPayで払うようにしていた。いつもはチェーン店で食べがちなので、個人店を使うよいきっかけになった。ほかには酒屋さんで一升瓶の日本酒を買ったり、行きつけのクラフトビール店でビールを持ち帰るのに使ったりした。今回も積極的に利用したい」と話す。

 同協会の大石剛さんは「テークアウトや日常の買い物など、新型コロナウイルス感染拡大に注意しながらご利用いただける機会もあるので、すでに使っている人はさらに、新しく使う人はこの機会に利用してもらえれば」と呼び掛ける。

 今月31日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース