見る・遊ぶ

「SAITAMAなんとか映画祭」 映画で住民参加・地域活性を、地元有志が企画

「SAITAMAなんとか映画祭」実行委員会メンバー

「SAITAMAなんとか映画祭」実行委員会メンバー

  • 46

  •  

 さいたま市の地元有志が立ち上げた地域活性・住民参加型の映画祭「SAITAMAなんとか映画祭」が3月19日から3日間、さいたま市内の複数の会場で開催される。

「SAITAMAなんとか映画祭」実行委員会の様子

 さいたま市大宮区の地元有志5人と同区出身の漫画家・北沢楽天をテーマにした映画「漫画誕生」の撮影スタッフが大宮ロケの際に出会ったことがきっかけで「地域に映画祭をつくりたい」と立ち上げた同企画。

[広告]

 さいたまの地元有志として実行委員会に参加しているのは、栗原俊明大宮銀座商店街協同組合理事長および大宮東口商店街連絡協議会会長、老舗宴会場・結婚式場の「清水園」若女将・清水清津里さん、「さいたま観光大使」であるイラストレーター・漫画家のあらい太朗さんなど。

 映画祭の名称には「先行きの不透明なこの時代だからこそ、背伸びせず、これだけあればなんとかなる。なんとか暮らしていける。なんとか目的地にたどりつく」という思いが込めているという。栗原実行委員長は「一過性のイベントではなく、地域に溶け込み、根付いて文化となる映画祭を目指している。SAITAMAから映画を通して、人の輪をつなげたい。感染症対策は十分に行い開催する。『なんとか』ご来場いただけたら」と呼び掛ける。

 新人監督を発掘する短編映画コンペティション「第1回 SAITAMAなんとか映画祭コンペティション&クロージングセレモニー」として募集し、応募のあった100作以上の品から厳選8本の短編を上映および審査するほか、「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」「チョコリエッタ」「喜劇 愛妻物語」「漫画誕生」「ユーモア作品コレクション~リマインド!したコメ!~」「男はつらいよ お帰り 寅さん」を上映する。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言が延長されたのを受け、開催中止を決定したプログラムは、さいたま市宇宙劇場で上映の予定だった3月19日「ゼロ・グラビティ」、3月21日「ノーマン・ザ・スノーマン ~北の国のオーロラ~」、3月21日「眠れない夜の月」。

 上映会場は、MOVIXさいたま、ソニックシティ小ホール、まるまるひがしにほん2階。チケットは、3歳以上で必要。3歳未満でも座席が必要な場合は1チケット購入のこと。チケットぴあで公演前日まで購入可能。映画鑑賞券=1,200円、「第1回 SAITAMAなんとか映画祭コンペティション&クロージングセレモニー」鑑賞券=1,500円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース