暮らす・働く 学ぶ・知る

さいたま市ニュービジネス大賞 スイーツ専用ミニトマトの商品展開がグランプリ受賞

さいたま市ニュービジネス大賞2016のグランプリ授賞式の様子

さいたま市ニュービジネス大賞2016のグランプリ授賞式の様子

  • 0

  •  

 さいたま市産業文化センター(中央区下落合5)1階ホールで10月27日、さいたま市の地域経済活性化や社会の快適性・幸福度の向上につながるビジネスプランコンテスト「さいたま市ニュービジネス大賞」の最終選考会が行われた。主催は、公益財団法人さいたま市産業創造財団。

スイーツ専用ミニトマトの商品展開のプレゼンをする榎本健司さん

 同財団の栗原健明さんによると、1年に一度の開催で、今回で12回目を迎える同コンテスト。今回は122件の事業モデルの応募があった。最終グランプリには10組が残り、最終選考会のプレゼンテーションが1事業者当たり各8分間で行われた。

[広告]

 審査の結果、グランプリは、約35種類のトマトを栽培し、農家レストラン「菜七色」も経営している、「さいたま榎本農園」(西区飯田新田547)の榎本健司さんによる「スイーツ専用ミニトマトを使った新食感スイーツの商品展開」が受賞した。榎本さんは「グランプリは取って終わりではなく、これからも埼玉県さいたま市を拠点に農業の発展に貢献できれば。最近は三越伊勢丹やイオン、海外はシンガポールなどからも話が来ている。『SAITAMAスイーツ』として発信していきたい」と話す。

Stay at Home