天気予報

18

16

みん経トピックス

さいたまでいわつき安穏朝市上尾のホテルがリニューアル

さいたまの料亭「二木屋」で雛飾り 元禄雛や御殿飾りなど約1,000体

  • 0
さいたまの料亭「二木屋」で雛飾り 元禄雛や御殿飾りなど約1,000体

着物で見に来ている人も

写真を拡大 地図を拡大

 さいたま市中央区の会席料理店「二木屋」(中央区大戸4、TEL 048-825-4777)で現在、お雛様の一般公開が行われている。

豪華な御殿飾り

 元からあった古い日本家屋を活用し、1998年から営業している同店。母屋は、1935(昭和10)年建築、増築を経て今の形となり、日本国登録有形文化財に指定されている。

 季節の行事ごとに室内を飾り、客に日本の伝統文化を楽しんでもらっている。人形は、オーナーの小林玖仁男さんが郷土玩具が好きで全国各地から集めているもの。マネージャーの森田まり子さんは、「ひな人形だけでも2000体くらいは所有している。今回は1000体近く飾った。スタッフ総出で定休日丸一日掛かかった」と話す。

 正月の干支・だるま、5月の武者人形、など季節の行事に合わせた室礼を施すが、森田さんは「やはり一番人気はお雛様。毎年たくさんのお客様に来ていただいている」と話す。

 元禄雛、享保雛、次郎左衛門雛、古今雛、、とお雛様の歴史を辿ることができるコレクション、豪華な御殿飾り、茨城県牛久からお借りしている吊るしびな、またキャラクター雛など現代のものまでありとあらゆるお雛様がそろう。岩槻の蔵で7年前に見つかり、一時的に同店で保管しているという江戸末期のお雛様は高さ74センチメートルもある最大級のお雛様も。

 ガイド付きの「ひなまつり特別会席」に参加した岩槻区の小宮久仁枝さんは「分かりやすい説明で、知らないこともたくさんありよかった」と話し、美里町の荒井美代子さんは「これだけの数の人形を維持管理するのはとても大変なはず。人形に対する情熱を感じる」と感心していた。

 森田さんは「自由に写真を撮っていただいて大丈夫なので、お子様と記念写真もおすすめ。気軽にご来店いただければ」と呼び掛ける。

一般公開は14時~19時。入場無料。3月5日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング