暮らす・働く

大宮の路上アーティスト「フロムア」が両A面シングル 路上ライブ100回目指す

大宮駅東口の大宮ホコ天ライブパフォーマンスの様子

大宮駅東口の大宮ホコ天ライブパフォーマンスの様子

  •  
  •  

 メンバー全員がさいたま市出身の路上ライブを中心に活動するアーティスト「フロムア」が10月26日、初の両A面ニューシングル「マニフェスト/とよ太」を発売した。

さいたま出身の路上ライブアーティスト「フロムア」

 アーティスト名の「フロムア」は「From=来る」に+α(プラスアルファ)を合わせた造語で、「フロムアを通じてたくさんの人が集まりつながっていく」という意味を込めて付けたという。別々に活動していたアーティストが集まって結成した全員がボーカルの5人組で、男性メンバーの板本佑太さん、中田亮さん、早坂和磨さん、阿部泰久さんは中学の同級生で、目澤怜衣さんは唯一の女性。

[広告]

 10月で結成4周年を迎えた。現在は、大宮で毎月第2日曜に開催している「大宮ホコ天ライブパフォーマンス」での活動を中心に、主に関東を中心にイベントやライブなどに出演している。

 同シングルのレコーディングは、さいたま市内のミネラルウォーターサウンドスタジオとRecording House「atelier delie」(アトリエ デリエ)で行った。【EMS】エクセルシアミュージックストア代表で同グループの総合プロデューサー島崎公彦さんは、「メンバーもさいたま出身で、レコーディングも市内で行われた正真正銘の『メイドインさいたま』の音楽」と話す。

 同グループのリーダー板本佑太さんは「今回のニューシングルのテーマは『約束』。地元大宮駅で今まで行ってきたライブと合わせ100回の路上ライブを行う『約束』を実行している最中でもある」と話す。「12月10日にフィナーレとして大宮駅東口銀座通り商店街で大規模な野外イベントを予定している。いつも来てくれている人はもちろん、地域の人たちも遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 価格は1,500円。11月12日に大宮駅東口銀座通り歩行者天国で開催の「大宮ホコ天ライブパフォーマンス」イベント会場で購入できる。

  • はてなブックマークに追加