暮らす・働く

さいたまキャンドルナイト 震災思い備え考えるきっかけに、写真パネル展示も

キャンドルタワーにともされるともしび

キャンドルタワーにともされるともしび

  •  
  •  

 「第5回 さいたまキャンドルナイト」が3月9日、大宮駅東口の大栄橋東たもとの宮一コミュニティホール(さいたま市大宮区宮町1)で行われる。主催はきっかけLab.。

さいたま市のゆるキャラ「ヌウ」もキャンドルをともしに来場した(関連画像)

 SNSを通じて知り合ったさいたま市の有志が、東日本大震災の犠牲者への鎮魂と復興への祈りを込めて、「埼玉からも思いを伝えたい」と2015年に始めた同イベント。イベントをきっかけに昨年ボランティア団体「きっかけLab.」を立ち上げ、同イベント運営のほか、防災のワークショップを、埼玉のほか東京、神奈川でも行っている。

[広告]

 運営の堀谷貴洋さんは、クリスマス時期には知人や地域の協力者から寄付されたおもちゃや絵本、衣類などを「クリスマスプレゼント」として、さいたま市の児童養護施設などに届ける活動を行うほか、地域の学童保育の運営に関わるなど、地域活動を積極的に行う中で、東日本大震災を思い、今後起こりうる震災への備えを家族、知人、地域の人と考えるきっかけをつくりたいと、同イベントを企画した。

 1回目は、仲間とキャンドルを持ち寄り、さいたま新都心でともすことから始めたという。回を重ねるに従い、普段から交流のある仲間からの協力、提案で、コンサート、キャンドル作りのワークショップ、埼玉防災学習センター協力による「東日本大震災写真パネル展示」など、内容がより充実してきているという。

 今年は、キャンドルタワー作り、防災ミニワークショップ。防災学習センターの協力による熊本大震災写真パネル展示の他、地元ミュージシャン・噂のいちろーさん、斉藤省悟さんによるコンサート、酒味処「串八丁」、THAI FOOD BAR「RUFUS」によるフードの提供を予定している。

 堀谷さんは「写真や映像を見て、かわいそう、つらい、と思うだけでなく、自分の身に起こったらどのように家族を守れるかを考えるきっかけになれば。悲しい気分だけでなく、いざという時に頼れる『仲間』をつくれる場にもなればとにぎやかになるよう準備している。多くの人の協力により『楽しく、気軽な』イベントになるので、ご来場いただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は17時~21時。入場無料。募金箱を設置し、集まったお金は「さいたま市ふれあい基金」へ送る。

  • はてなブックマークに追加