見る・遊ぶ

樹齢700年の埼玉県指定天然記念物「青葉園の藤」が満開 連休中が見頃

樹齢700年の藤が満開

樹齢700年の藤が満開

  •  
  •  

 さいたま市西区の民間公園墓地「青葉園」(さいたま市西区三橋5、TEL 048-623-2111)にある推定樹齢700年の藤が紫色の花を付け、見頃を迎えている。

薄紫の花が一面に(関連画像)

 1953(昭和28)年に埼玉県の天然記念物に指定されている同園の3株の藤は、「野田藤」と呼ばれる種類で、花房が1~2メートルと通常の藤よりも長いのが特徴。もともとは昭和初期に加茂宮(さいたま市北区)、指扇前原(西区)、瓦葺(上尾市)から集められ育てられていたが、1965(昭和40)年に大宮郵便局の建設に伴って同園に移植された。

[広告]

 老樹の美しさを、元・埼玉県文化財保護協会会長の故・柳田敏司さんは「華麗なる 花房長し 藤の花 老樹の幹は 七百年経(た)つ」とうたっている。

 藤の花は現在、満開を迎えている。同園管理事務所の担当者は「今年は昨年よりも天気が良く、花も大きく咲いてくれた。あと2~3日がみごろではないか」と話す。

 開園時間は7時30分~18時30分。入園無料。

  • はてなブックマークに追加