食べる

大宮にティースタンド「THE ALLEY」県内初出店 「盆栽タピオカミルクティー」も

ココアチップとミントをあしらった「盆栽タピオカミルクティー」

ココアチップとミントをあしらった「盆栽タピオカミルクティー」

  •  
  •  

 JR大宮駅直結の商業施設「ルミネ大宮LUMINE2」(大宮区錦町)に7月22日、ティースタンド「THE ALLY(ジ アレイ)」がオープンした。 

店の外観 オープン前から列ができる

 台湾発祥の同店は、アジア各国を中心に世界250店舗以上、国内では25店舗を展開する。「It’s time for tea お茶に恋をする、美しい生活」をコンセプトに、タピオカをトッピングしたミルクティーや、フルーツを取り入れたドリンクなど幅広く展開する。

[広告]

 2017(平成29)年7月、東京・新宿でフードトラック販売として国内初上陸し、翌月に表参道に旗艦店をオープンした。広報担当の中島里奈さんは「こだわって厳選し、天然手法で焙煎(ばいせん)された茶葉の味わいや香りに自信がある」と話す。「ディリオカ」と呼ばれる同店特製のタピオカは、本場台湾から仕入れたものを、店内でじっくり煮込み仕上げることで、他にはないモチモチとした食感が楽しめるという。

 空気と混ざり合うことでお茶の香りが引き立つというティードリンクは、一杯ずつシェイクして提供する。ルミネ大宮店では、連日オープン前から列ができ学生を中心に1日800人ほどが来店するという。列の先頭でオープン前から並んでいた女性は「最近、大宮にタピオカドリンク店が増えてきているが、人気のお店だと聞いて来店した。夏は冷たいドリンクに、つるっとした食感のタピオカが一層おいしい」と笑顔で話した。

 一番人気の「ロイヤルNo.9タピオカミルクティー」(Mサイズ=500円、Lサイズ=600円)は、茶師がブレンドしたアッサムベースのミルクティーで、ほのかなフルーツのような香りが特徴。「盆栽タピオカミルクティー」(Mサイズ=600円、Lサイズ=700円)は台湾でも展開している商品で、アッサムミルクティーをベースに、ココアチップとミントを添えて日本の盆栽をイメージしたという(全て税別価格)。Mサイズは500ミリリットル、Lサイズは700ミリリットルで、商品ごとに氷の量・甘さの調節ほか、Cold(冷たい)・Mild Hot(ぬるめ)・Hot(熱い)と温かさも選べる。

 中島さんは「列を作ってお待ちいただいているお客さまも多く、大宮店のオープンを楽しみにしてくださっていた方も多いのかなと感じる。ティーストアとして展開しているので、タピオカはもちろんだがたくさんの方にTHE ALLEYのお茶を楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加