食べる

大宮にまぜそば専門店「大宮まぜそば 誠治」 ロックバンド・テレフォンズメンバー出店

「大宮まぜそば 誠治」オーナーの松本さん

「大宮まぜそば 誠治」オーナーの松本さん

  • 160

  •  

 ロックバンド「the telephones(ザ・テレフォンズ)」「MIGIMIMI SLEEP TIGHT(ミギミミスリープタイト)」の2つのバンドのドラマー、松本誠治さんが8月1日、「大宮まぜそば 誠治」(さいたま市大宮区宮町1)をオープンする。

(左から)BIGMAMAの柿沼さん、「大宮まぜそば 誠治」オーナーの松本さんと、the telephonesメンバー長島さん、石毛さん

 2020年1月に閉店した北浦和のライブハウス「KYARA(キャラ)」を拠点に活動していたメンバーで2005(平成17)年に結成した同バンド。埼玉・東京を中心に、ライブハウス、クラブ、ネット配信などで音楽活動を展開している。2015(平成27)年に活動を無期限休止したが、2018(平成30)年の「VIVA LA ROCK」から活動を再開。2019(平成31)年はメジャーデビュー10周年を記念して「まだ行ったことのない都道府県に行くツアー」を行った。

[広告]

 ドラム担当の松本さんは、小学1年生の時にさいたま市に転居し、以降さいたまで育った。「街が好き。街で生きるのが楽しい」と大宮のクラブで定期的に DJ イベントを行うなど、メジャーデビュー後も地元での活動を続けている中で、「こんな時代なので楽しくできる仕事を増やしたい」とまぜそば店を出店した。松本さんがオーナーで、シェフを務めるのは、ライブハウスKYARAの階上にあったダイニングバー「Zagon Kitchen KYARA」で店長をしていた小澤峻さん。小澤さんは、同店のほか、ラーメン店、居酒屋などで10年以上シェフを務めた経歴を持つ。

 松本さんは「小澤さんと以前からラーメン屋をやりたいと話していた。彼の作る『メシ』のおいしさは知っていたし、一緒にビジネスをする上で人としても信用できる。彼がいるからやろうと思ったし、音楽でアウトプットするのと同じように、地域の人に食事の楽しみを提供するというアウトプットをしてみたかった」と話す。

同店は、曜日でシェフが替わるシェアキッチン「クロックキッチン」を活用して、水曜・土曜・日曜のランチタイムに営業する。「コストを抑え、スピード感をもって始められる、という自分たちの条件とぴったりだった。大宮ではまぜそばを食べられる店が少ないのでラーメンではなくまぜそばを提供しようと思った」と話す。小澤さんは「ラーメン店のまぜそばではなく、まぜそば専門店のまぜそばを食べてほしい」と話す。

 メニューはまぜそば(半)=750円、(小)=800円、(中)=850円、(大)=900円、カレーまぜそば(半)=850円、(小)=900円、(中)=950円、(大)=1000円、にんにく、しょうが、脂、タマゴはトッピング無料。サイドメニューにスパイスカレー、チャーシュー丼(以上300円)

 プレオープン日に来店していたthe telephonesメンバーの石毛輝さんは「昔KYARAのキッチンを使って誠治がラーメンを作ってくれたが、すごくまずかったので今日も期待していなかったが、本当においしかったのでこれは人に薦められる」と話す。同じくthe telephonesのメンバー長島涼平さんは「今までたくさんのまぜそばを食べてきたが、その中で2番目においしかった」と笑顔を見せる。同じ事務所に所属するBIGMAMAの柿沼広也さんは「台湾まぜそばなども好きでよく食べるが、それとは違って新しいまぜそば。おいしい」とほほ笑む。

 松本さんは「そば自体ももちろんおいしいが、トッピングや調味料で自分好みの味を作っていけるのもまぜそばの楽しさなので、いろんな味を試してほしい。迷ったら、お薦めの食べ方もメニュー裏に紹介しているので試してもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~15時。水曜・土曜・日曜営業。

Stay at Home