暮らす・働く

大宮盆栽美術館が黒松の大型盆栽の「銘」公募

「銘」を公募している、黒松の大型盆栽

「銘」を公募している、黒松の大型盆栽

  •  
  •  

 さいたま北の「さいたま市大宮盆栽美術館」で現在、同館所蔵の黒松の大型盆栽の「銘(めい)」を全国募集している。

 盆栽の固有名称として付けられる「銘」は、盆栽の印象や雰囲気などから名付けられることが多く、同館所蔵の作品には、「白糸の滝(五葉松)」「双鶴(五葉松)」「羽衣の舞(黒松)」「北斎(真柏)」「白雲(五葉松)」「静寂(五葉松)」など、多様な銘が付けられている。

[広告]

 今回、銘を募集しているのは、樹高110センチ、樹幅170センチの黒松の大型盆栽。今年の春から新たに公開されたもので、太い幹と左右に張り出した枝が特徴的。盆栽の銘を公募することは、全国的にも珍しい。

 応募は同館ロビーにて、備え付けの専用応募用紙でのみ受け付けている。担当者は「ぜひ来館のうえ、盆栽を実際に見て、感じて、その印象からふさわしい銘を応募してほしい」と呼び掛ける。

 選考結果は、来年1月に発表する予定。募集は11月30日まで。詳しくはホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加