見る・遊ぶ

大宮で障がい者アート企画展「ソニックブーム うふっ」 作家52人の作品100点

渡邉あやさんの作品

渡邉あやさんの作品

  •  

 障がい者アート企画展「ソニックブーム うふっ」が11月23日から、大宮ソニックシティ(さいたま市大宮区桜木町1)で開催される。主催は埼玉県障害者アートネットワークTAMAP ±〇、社会福祉法人みぬま福祉会。

昨年の開催の様子(関連画像)

 今年で9回目となる同展。昨年までは埼玉県立近代美術館で行われており、昨年は期間中1965人の来場者が作品を楽しんだ。

[広告]

 今回は、埼玉県が行う障がいのある人の表現活動状況調査を基に、アートの専門家や福祉関係者50人以上による選考を経て、650人から選ばれた52人のアーティストによる100点以上の作品を展示する。参加アーティストは、渡邉あやさん(社会福祉法人みぬま福祉会)、前田聡男さん(NPO法人ゆりかご)、福島尚さん、宮原裕美さん(川越いもの子作業所)など。ヨーロッパなどでも高い評価を受けるアーティストもおり、障がいのある人の表現活動を初めて見る人も楽しめる内容だという。

 渡邉さんは「海外で作品が展示されるのが夢なので、飛行機をモチーフにして描いている。自分の気持ちが揺れている時や悩んでいる時の気持ちを絵にして描いた。絵はすごく大変だし、下描きや色鉛筆で色を塗るとき、構図を考えるときなど、いらいらしたり悩んだり苦しい気持ちになるが、絵に気持ちをぶつけて描いている。これからも諦めずに、自分らしく、自分にしかできない飛行機の絵を描いていきたい」と話す。

 23日には出展作家やスタッフによる作品が生まれる秘密などを話す「アーティストトーク」(11時~)、24日には、同展キュレーターで美術家の中津川浩章さんと、新潟市美術館館長の前山裕司さんによる展示の見どころや作品の楽しみ方、障がいのある人の作品の魅力などを話す「ギャラリートーク」(14時~)が行われる(いずれも申し込み不要)。23日・24日には、アートグッズの展示販売も行う(10時~18時)。

 担当者は「埼玉県立近代美術館から飛び出し多くの人が行き交う都市大宮での開催で、初の試みとしてグッズの販売も行う。多くの人にアートや福祉、表現について楽しく知っていただけたら」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~18時(最終日は15時まで)。入場無料。今月25日まで。関連企画として、ライブパフォーマンス、ダンスワークショップ、パラリンピック競技体験などを行う「障がい者アートフェスティバル in SONIC」が23日・24日、隣接会場で開かれる。