学ぶ・知る

大宮のCD店が会員制音楽コミュニティー「モアレコラボ」 CDリリース目指す

「more records」の橋本さんと穴原さん

「more records」の橋本さんと穴原さん

  •  
  •  

 大宮駅東口にあるCD店「more records(モア・レコーズ)」(さいたま市大宮区仲町2、TEL 048-677-0862)が音楽コミュニティー「モアレコラボ」を始めて1カ月がたった。

すべてのCDが試聴できすべてのCDに手書きの説明がある(関連画像)

 大手CDショップに勤めていた橋本貴洋さんと穴原由紀子さんが「音楽好きな人だけではなく、いろいろな人に素敵な音楽を届けたい」と7年前にオープンした同店。店に置いてある全CDが試聴できるほか、インストアライブを開くなど「音楽に詳しくなくても気軽に立ち寄ってもらえるような」店作りを心掛けているという。

[広告]

 橋本さんは「今は手軽に音楽を聴けるようにはなったが、情報がありすぎてどの音楽を聴けばいいか、自分が好きそうな音楽は何か、探すのも大変。だからこそ、『そのアーティストが好きなら、これもきっと好きだと思うよ』というような人に薦める情報が役に立つのでは」と話す。

 「店に来たお客さまと音楽の話で盛り上がることはよくある。みんな少し話を振ると、ものすごい勢いで話し出す。音楽好きは良い音楽をお勧めしたいしし、好きな音楽について語りたいが、周りに音楽好きが少ない。」とも。

 店に来て話せる人はいいが、頻繁にお店に来るのは難しいし来られない人もいる。いつでも好きな時にアクセスでき、音楽好きが音楽について思い切り話せる場、情報交換する場が必要だと感じ、同コミュニティーを始めたという。「いつもブログやSNSで音楽情報や店の情報を発信しているが、それは店からの一方通行。相互にコミュニケーションが取れる場があれば、お互いのためになるし何より楽しい」と目を輝かせる。

 「モアレコラボ」は、「モアレコ」と「ラボ=研究所」と「コラボ=みなさんと」を組み合わせた造語。橋本さんは「現在40人以上が会員になっている。告知してすぐに反響があった。問い合わせも多く、興味を持っている人が多いと感じている」と話す。

 モアレコラボはCAMPFIRE「ファンクラブ」のプロジェクトを通じて入会し、フェイスブックの非公開グループを使い情報交換を行う。会員同士の情報交換、モアレコからのここだけの情報、ここだけで聞ける音源を出すこともあるという。穴原さんは「音楽が好きな人詳しい人はもちろん、これから音楽を知りたい人にもぜひ入ってもらい、音楽を盛り上げていければ」と話す。

 橋本さんは「すでに40人を超える音楽をお勧めしてくれる『音楽のセレクター』が集まっていて、私たちも毎日のように発見がある。いずれはこのコミュニティーからCDを出せたらと思っている。海外のアーティストをはじめ、CDを出さないアーティストも増えている。採算が合わないからだが、もしあらかじめCDを買う人が十分確保されていれば、アーティストは安心してリリースできるし、欲しいCDが手に入るファンはうれしいはず。今までのCD販売の流れを根元から変える仕組みを生み出したい」と意気込む。

 会費は月500円と、毎月お勧めのCDが1枚「定期便」として届く3,000円の2種類。登録制。

  • はてなブックマークに追加