学ぶ・知る

さいたまで社会起業家育成講座 10カ月でソーシャルビジネスのノウハウ学ぶ

過去に開催したソーシャルビジネス講座の様子

過去に開催したソーシャルビジネス講座の様子

  •  
  •  

 新都心ビジネス交流プラザ(さいたま市中央区上落合2)で8月から連続講座「社会起業家育成プログラム」が開かれる。現在、参加者を募集している。

過去の空き店舗活用事例(関連画像)

 「2019年度 埼玉県 人生100年時代を見据えたソーシャルビジネス支援事業」として、地域課題解決型起業の推進による共助社会づくりと、シニア・プレシニアの活躍支援を目的に県が主催する同講座。全8回のプログラムを通じて、ソーシャルビジネスの起業方法を学ぶとともに起業を目指す。

[広告]

 県の担当者は「価値観の多様化や社会構造の変化に伴い、買い物難民や空き家問題など、既存の地域活動だけでは対応できない新たな地域課題が生まれている。こうした課題に取り組む意欲を持つ方々を対象に、ソーシャルビジネスを通じて地域課題の解決に取り組むためのノウハウを学ぶプログラム」と、講座の趣旨を説明する。

 カリキュラムには、ソーシャルビジネスの実例や成功モデルを学ぶ座学に加え、ソーシャルビジネスの現場視察、ビジネスプラン作成ワークショップといった実践も盛り込まれるほか、交流会を通じて先輩起業家や起業支援団体とのネットワークの構築も図る。講師には、500ケースを超える地域課題解決プロジェクトに取り組んだ実績を持つ、りそな総合研究所の藤原明リーナルビジネス部長など、社会起業、シニア起業支援の第一人者が登壇する。

 同プログラム事務局の担当者は「これから地域課題の解決に関する起業を考えられている方だけでなく、『ソーシャル』という視点から事業を見直したい既存起業家や、地域課題の解決につながる製品・サービスを展開しようと考えている既存事業者、現在は非営利活動を行っているが持続性を持たせるために事業として発展させたい活動家などにとっても、有意義なプログラム。さまざまな方に受講していただきたい」と呼び掛ける。

 受講期間は2019年8月~2020年3月で、第1回は8月24日。参加費は5,000円(全8回分)。申し込みはウェブサイトのフォームとファクスで受け付ける。問い合わせは同プログラム事務局(山田コンサルティンググループ内、TEL 03-6212-2513、受付時間=平日9時~17時)まで。

  • はてなブックマークに追加