食べる

大宮市場に小学生以下無料の子ども食堂 専用容器にビュッフェで詰め放題

並べられた16種類の料理

並べられた16種類の料理

  •  
  •  

 小学生以下は無料で食事ができるメニューを提供する「子ども食堂」に取り組むテークアウト&ビュッフェスタイルの店「Calorie&Oily(カロリーアンドオイリー)」(さいたま市北区吉野町2)が大宮市場内にオープンして3カ月がたった。

50種類以上の調味料も使い放題(関連画像)

 鶏肉の加工や販売など、外食小売業を行っているヤマショウフーズ(上尾市)が運営する。鶏肉の卸などを通じて長年見て来た大宮市場を活性化したいという思いから同店をオープン。児童養護施設に差し入れするなどの社会貢献活動も行っている中で、近年増えてきた「子ども食堂」が市場近隣にないことに着目し、「大人も子どももおなかいっぱい食べてもらいたい」というコンセプトから、子どもは無料で食事することができるメニューを提供している。

[広告]

 客は店内の発券機で専用容器を複数のサイズの中から選んで購入し(スタンダードSSサイズ=680円など)、ビュッフェスタイルで自由に詰める。メニューは揚げ物と炒め物を8種類ずつそろえ、唐揚げや竜田揚げ、メンチカツなどの揚げ物が人気という。不定期に変更し、時期によって違う味を楽しむことができるようにする。夏メニューとしては、夏野菜カレーやカレーチャーハン、うまからなどを提供する予定。ドリンク各種も1杯100円で提供する。

 料理を詰める専用容器は選ぶ容器によって価格と量の調節ができるため、夕食のおかずを買いに来る近隣の主婦にも人気だという。イートイン用に約20席を用意。容器のふたが閉まる分まで好きなだけ詰めることができるが、食事した後に再び料理を取りに行くことはできない。

 子どもは一日約6~7人、オープン初日から現在まで500人近くが利用しているという。スタッフは「好きなものをうれしそうに選んでいる。いつも同じおかずばかり詰める子などもいてほほ笑ましい」と話す。

 外食小売事業部の本部マネジャー、石原克祥さんは「子どもも大人も気軽に来てもらえる交流の場を目指す。市場見学や誕生日会などのイベントにも活用してほしい」と話す。

 営業時間は7時~17時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加