食べる

大宮のアトリエカフェがオープン1周年 記念イベントでオーナー作詩のピアノ曲披露も

櫻庭さんのスピーチ 常連客も笑顔で祝う

櫻庭さんのスピーチ 常連客も笑顔で祝う

  •  
  •  

 アトリエカフェ「Blue Bird Cafe」(さいたま市寿能町1)が7月20日、オープン1周年を迎え、記念イベント「1st anniversary party」を開催した。

常連客の夫婦 料理とワインを楽しむ

 若手作家の作品を展示するアトリエを併設する同店。水彩画作家として活動するオーナーの櫻庭亜希子さんの作品をはじめ、版画やドローイング、立体、アクセサリーなど、幅広いスタイルの作品を展示・販売している。作家を講師に招いたワークショップや、コーヒーのドリップ講座も企画・運営し、地元のカフェ利用客をはじめ、さまざまな世代が来店する。

[広告]

 1周年イベントには常連客を中心に約20人が来店。「作詩にもチャレンジしている」と話す櫻庭さんの詩「空は」をもとに、ピアニストの森田敦文さんが作曲したピアノ曲の演奏が行われ、櫻庭さん手作りの料理と共に楽しんだ。

 近所に住み、休みの日に夫婦でよく来店するという女性は「ここのハンバーグが大好きで、よく遊びに来ている。大宮公園の自然もたくさん感じられるので、ついついゆっくりしてしまう」と笑顔で話した。「七夕に開催された音楽イベントにも参加し、普段の来店では会えない方との出会いも楽しい」とも。

 櫻庭さんは「安心・安全なお店であることを一番に、お客さまの心と体が元気になるような食事や空間づくりを心掛けてきた。この場の皆さまをはじめ、作家さん、焙煎(ばいせん)士さん、たくさんの方の力があったからこそ、この一年を過ごすことができたと思う。今年はいろいろな方の協力があってこのイベントを開催できたが、来年はもっと成長した自分が企画できるように頑張っていきたい」と力強く話した。

 1周年に向けて完成させたという夏のオリジナルブレンドは100グラム800円。「豆本来の苦みと甘みを感じられるのが特徴」という。同店のアトリエでハンドメードのアクセサリーを展示・販売する作家、立野喜代美さんとコラボレーションして作ったというオリジナルバッグ(3,300円)も。

 営業時間は10時~18時(ランチ提供は11時30分~)。日曜・祝日・木曜・金曜定休。

  • はてなブックマークに追加