3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

大宮ソニックシティで保育士就職フェア 新設園など60園出展

各園がブースを出展。興味のある園の職員と直接話をすることができる。

各園がブースを出展。興味のある園の職員と直接話をすることができる。

  • 5

  •  

 埼玉県内の保育園や認定こども園への就職イベント「2020埼玉がいいね!保育士就職フェア」が9月6日、ソニックシティ(さいたま市大宮区桜木町1)で開催される。主催は埼玉県福祉部少子政策課。

個人ワークを交えたオープニングセミナーも開催する(過去の様子)

 埼玉県は、保育士の求人数に比べて求職者が少ないという課題を抱えており、保育士採用の難航が続いている。同イベントは、保育に関心がある人と保育園職員が直接話をできる場を設け、保育園の採用活動を支援しようと、2016(平成28)年から開いている。

[広告]

 保育士資格を持つ人や保育の仕事に関心がある人を対象に、埼玉県内の保育園や認定こども園など、約60園の保育事業者が出展する。既設園のほか、2021年4月に開園を予定している新設園も参加し、現場で働く職員が園内の様子や仕事内容、求人情報の紹介を行う。来場者は当日会場で配布されるプロフィルシートを提出することで、興味のある園にエントリーでき、履歴書の持ち込みも可能という。

 イベント担当で埼玉県福祉部少子政策課の吉野牧人さんは「それまで知らなかった保育園情報を得られるだけでなく、複数の園を比較しながら検討できる場は多くないのでは。自分のスキルや希望にあった保育園を見つける機会にしていただければ」と呼び掛ける。「来場時のマスクの着用や発熱時の来場は控えるなど、感染症予防対策にも協力をお願いしたい」とも。

 オープニングセミナーでは、秋草学園短期大学准教授で、幼児教育学が専門の浅井拓久也さんが「子どもの心をはぐくむ絵本や遊びの魅力を学ぼう!」をテーマに登壇する。個人ワークや事例紹介を交え、子どもたちにとってなぜ絵本や読み聞かせが大切なのかを解説する。

 開催時間は12時~16時。入場無料。オープニングセミナーは要事前予約。

Stay at Home