食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大宮・氷川神社参道で市民イベント 地元飲食店など50店、神社紹介イベントも

大宮氷川神社および参道でのイベント「さんきゅう参道」、以前開催時の様子

大宮氷川神社および参道でのイベント「さんきゅう参道」、以前開催時の様子

  •  

 大宮・武蔵一宮氷川神社(さいたま市大宮区高鼻町1)の参道で4月7日・8日、市民イベント「さんきゅう参道2018」が開催される。

大宮氷川神社および参道でのイベント「さんきゅう参道」以前開催時の様子

 「市民が街づくりに参加したい」「氷川参道を活用したい」との思いから、市民の有志による「I love SAITAMA(あいらぶ さいたま)ぷろでゅーす」が主催し、同神社と埼玉県神社庁、氷川マルシェが協力して行う同イベント。2014年に初めて開催し、今年で5回目。昨年は約3万人の来場でにぎわった。

[広告]

 今年のテーマは「埼玉」と「和」。大宮周辺の市民や店舗を中心に、飲食、陶器、手作りアクセサリー、似顔絵、アロマキャンドルのほか、工作体験、埼玉県クイズなど両日合わせて50以上のブースが出店を予定している。

 今回初めての企画として「お味見セット」が楽しめる「さんきゅうパスポート」(100円)を発行。地元の飲食店が複数出店するため、いろいろな店を楽しんでもらえるよう各店で提供する食事の量や価格に配慮しているが、例年「おいしそうな店が並んでいても全部のお店は回れない。少しずつ楽しめたらいい」という声があるという。同パスポートを利用することで、各飲食ブースの少量ずつの「味見セット」「おもてなしセット」を購入できる。同パスポートのほかに本部で販売する「etray(食べられる器)」(100円)もしくは持参の器が必要。

 実行委員長の小島絵美さんは「暖かくなったので大宮公園を散歩しながら地域の食品の食べ歩きを楽しんでほしい。ごみ問題の軽減に『食べられる器』を使っていただけるようにした」と話す。

 そのほか、約200メートルに及ぶ「中山(なかせん)道絵巻」の展示(両日)、「段ボールロケット世界大会inさんきゅう参道2018」(7日)、シニアアーティストによる「参道オープン美術館」(両日)、いけばなLIVE「花一遊」(8日11時~11時30分)、お店の宣伝を高らかに呼び上げる「さいトリハーモニー」(8日12時~、14時~)、「埼玉クイズ王のクイズに挑戦」(両日11時、13時、14時、15時)を予定する。

 氷川神社境内では8日に神社主催のイベント「神主さんと神社を学ぼう」が行われる。「御朱印帳作り」(500円)や「神主による境内案内」「神話講談」「埼玉県内の氏神検索」などを予定するほか、3月16日から公開している「御朱印展」(以上無料)も楼門内拝殿脇西参集殿で見ることができる。

 小島さんは「歴史と緑あふれる氷川参道に、埼玉のちょっとすてきがたくさん集まる。家族で来場いただき、一緒に温かな週末を過ごしていただけたら」と呼び掛ける。

開催時間は9時30分~16時(一部20時まで)。