暮らす・働く 学ぶ・知る

大宮で埼玉新聞編集局長の「子ども向け新聞作り講座」 伝える技を総合的に

夏の宿題にもなる新聞作り講座

夏の宿題にもなる新聞作り講座

  •  

 大宮の「貸会議室6F」(さいたま市大宮区宮町1)で7月25日・8月1日、「埼玉新聞編集局長が教える夏休み新聞作り講座」が開催される。主催はチエモ。

講師の吉田俊一さん

 同会議室の運営会社で同じビルで「コワーキングスペース7F」も運営するコミュニティコムの教育サービス「チエモ」が夏休み特別企画として子ども向けに行う。

[広告]

 講師を務めるのは埼玉新聞社の編集局長・吉田俊一さん。吉田さんは同社入社後、編集局整理部、地域報道部記者、県北支社編集キャップ、編集局ニュースセンター次長・報道デスク、クロスメディア局企画編集部長、編集局次長兼ニュースセンター長、編集局長代理などを経て現職。自治体やPTA、NPO、生協などの広報研修、公民館の時事講座、企業の新人研修、学校の人権研修、子ども大学などで講師を多数務めている。

 吉田さんは「新聞を作ると鍛えられる力は、考える力、表現力、情報収集力、まとめる力、発信力などたくさんある。小学校でこれから学ぶことになるプログラミングにも実はこれらの力が重要」と話す。

 新聞のテーマは「わたしの街自慢」として街の魅力を紹介する内容とする。吉田さんは「取材を通じて地域への興味を持ってもらいたい」と期待する。

 2回講座のうち、1回目は「具体的なテーマ決め」「取材の進め方、記事の書き方などレクチャー」「ワークシートの使い方」「レイアウトを決める」。2回目までに取材や情報収集を各自行った上で、2回目は「見出し付け」「割り付け」「写真選び」「清書」を行う。

 吉田さんは「記事を書き、新聞にまとめるには『伝える技』が重要。これはどんな勉強にも役に立ち、社会で生きていく上でも大事なこと。楽しく新聞を作りながら、人生の大切な技を身に付けてもらいたい」と参加を勧める。

 開催時間は9時~12時。参加費は5,000円(事前支払い、当日支払いいずれも可)。申し込みはネットのフォームもしくはメールで受け付ける。