見る・遊ぶ

豪華客船風客室で体験型推理イベント 大宮の温浴施設で、再現メニューも

探偵衣装を身にまとい、豪華客船風の客室で推理を楽しめる

探偵衣装を身にまとい、豪華客船風の客室で推理を楽しめる

  •  

 さいたま市の温浴施設「おふろcafe utatane(うたたね)」(さいたま市北区大成町4)で9月7日から、体験型ミステリーイベント「おふろミステリー6 船上のエレジー」が開催される。

映画「タイタニック」にも登場した「サーモンのポワレ」も味わえる

 同施設が企画する「おふろミステリー」シリーズ第6弾となる同イベント。昨年と同様「客室滞在型推理イベント」として、参加者は特別に改装されたコンセプトルームに滞在し、ミステリーブックレットを片手に施設内を周遊しながら、謎を解いていく。謎解き・ミステリーイベント制作団体「Qpid」代表の野山苺摘(のやまいづみ)さんが、ストーリー・トリック制作およびコンセプトルームの監修を手掛けた。

[広告]

 今回は「五感」を使った演出や客室内での特別なパフォーマンスがあり、物語の主人公である探偵になりきって、じっくりと推理を楽しめる。カフェスペースではコラボレーションメニューとして、20世紀初頭の豪華客船「タイタニック号」の一等船客へ提供された最後のディナーコースから3品を再現しアレンジを加えたダイジェスト版の「タイタニックコース おふろカフェバージョン」(1,980円)を提供する。ミステリー参加者には料理提供時にヒントカードが渡される。

野山さんは「初めてミステリーに挑戦する方も気軽に参加できるよう、昼プランは純粋に犯人当てゲームを楽しめるベーシック問題のみを用意した。4人まで一緒に参加できるので、皆でワイワイと推理を楽しんでいただけたら」と話す。昼プランでは、学生証掲示でウエルカムスイーツの内容がグレードアップする学生特典も用意する。

 日曜~木曜の夜プランでは、1人でじっくりと推理を楽しめる「おひとりさまプラン」も用意。「タイタニックコース」もセットになっており、ミステリーの世界観を堪能することができるほか、同プラン限定で特別ヒントのサービスもある。

 今年はイベントに合わせてフォトコンテストも開催。主人公用の探偵衣装や、物語の舞台である豪華客船に合わせて特別に用意されたマリンルックコスチューム姿で撮影した写真や、ブックレットと館内で撮影した写真を投稿することで応募できる。優勝者にはクルーズペアチケットを進呈する。

 参加は中学生以上。1日4組限定で、昼プラン(12時~17時)日曜~木曜=1室1万円、金曜・土曜・祝前日=1室1万2,000円(4人まで利用可能)。夜プラン(18時~翌9時)日曜~木曜=1室1万8,000円、金曜・土曜・祝前日=1室2万4,000円(2人まで利用可能)。ウエルカムスイーツ、翌朝の朝食ビュッフェ付き。おひとりさまプランは日曜~木曜=1室1万5,741円(通常の夜プランにタイタニックコース付き)。ネットから申し込み。11月30日まで。