見る・遊ぶ

大宮で埼玉初「日本SF大会」 「アニソンの女王」ミニコンサートも

過去大会で行われた加藤直之さんのライブペインティング

過去大会で行われた加藤直之さんのライブペインティング

  •  
  •  

 SFファンによるイベント「第58回日本SF大会 彩こん(Sci・con)」がソニックシティ(さいたま市大宮区桜木町1)で7月27日、28日に開催される。

過去大会の星雲賞授与式の様子(関連画像)

 1962(昭和37)年の第1回大会以降、毎年場所を変えて開かれている同大会には、プロ・アマ問わず全国のSFファンおよそ1000人が毎年参加する。最初期には小松左京、星新一、筒井康隆さんといった著名作家が参加していたことや、その後も大会スタッフから多くの著名人を輩出していることで知られる。埼玉県での開催は今回が初。

[広告]

 大会ではSFおよびその周辺ジャンルを中心に、小説、漫画、アニメ、特撮などのメディアを扱うプログラムを用意。その内容はコンサート、講演会、即売会、作品展示、日本で最も古いSF賞「星雲賞」の贈呈式、作家を囲んでのお茶会と多岐にわたる。

 両日ともに、SFアートの第一人者でイラストレーターの加藤直之さんによるライブペインティングが行われる。毎年恒例の企画で、巨大なイラストボードにその場で絵を描き上げていく。

 27日には城西大学経営学部の石井研究室との共催で、各地のローカルヒーローが集合するイベント「ローカルヒーロー博覧会」を行う。さいたま市を中心に活動する「家計お助け銭隊!FPレンジャー」など、地域色豊かなヒーローたちが参加する。

 28日には、デビュー50周年を迎えたアニメソング歌手・堀江美都子さんが、教授を務める洗足学園音楽大学声優アニソンコースの学生と共にミニコンサートを行う。堀江さんは「キャンディ・キャンディ」「花の子ルンルン」など、およそ1000曲に上るアニメソングを歌ってきたことから「アニソンの女王」として知られる。

 出山知宏実行委員長は「日本SF大会は、おそらく日本最古の趣味のコンベンションで、コミケもコスプレも、元をたどればSF大会の同人誌頒布コーナーや仮装コンテストから始まった。第58回にして、埼玉県では初の開催となる。プロの話を聞く、コンサートに参加する、ゲームをする、展示を見るなど、さまざまな楽しみが会場にいっぱいの2日間、たくさんの人に参加してほしい」と呼び掛ける。

 事前の参加申し込みは7月10日までウェブサイトで受け付ける。事前参加費は成年=1万5,000円、未成年=4,000円、小・中学生=2,000円、介助参加者=1万3,000円。当日参加費は、成年=1万7,000円、介助参加者=1万5,000円、未成年と小・中学生は事前申込と同額の予定。問い合わせは実行委員会(TEL 048-797-5785)まで。

  • はてなブックマークに追加