暮らす・働く 学ぶ・知る

大宮で「タミヤロボットスクール」無料体験会 子ども向けプログラミングスクール開校へ

子どもパソコン「Ichigo Jam」を通してプログラミングを行う

子どもパソコン「Ichigo Jam」を通してプログラミングを行う

  •  

 大宮駅東口の貸会議室6F(大宮区宮町1)で2月24日・25日に「タミヤロボットスクール・大宮駅東口教室」の無料体験会が行われた。

実際に動くロボットに喜ぶ参加者

 プラスチックモデルや工作キットなどの制作を手掛けるタミヤ(静岡県静岡市)が企画協力、ソフトウエア開発などを行うナチュラルスタイル(福井県福井市)が運営する同スクール。これまで東京や仙台などでプレオープンしていたが、4月から全国に展開する。子どもパソコン「Ichigo Jam」でBASIC言語を用いてプログラミングの基礎を学ぶ子ども向けプログラミング教室や、ロボットの組み立てを通して機械の構造を学ぶロボット教室を開校する。

[広告]

 全国展開に先駆けて行われた今回の無料体験会には、小学校3年生と2年生合わせて4人が参加。身の回りでロボットが使用されている例の説明の後、事前に用意されたプラグラムに沿ってパソコンに入力し、実際にロボットを動かす。参加者たちは、普段からインターネットゲームなどでキーボード操作には慣れている様子で、間違えることなくプログラムを入力していたが、ロボットが動き出すと目を輝かせて喜んだ。参加者の保護者のひとりは「初めての体験に戸惑うかと思っていたが、とても楽しそうだった。プログラミングの原体験として良いと思う」と体験会を振り返った。

 今回会場となった貸会議室6Fは、4月以降「大宮駅東口教室」として、プログラミングコースを開校する。授業は90分制で月に2回。授業料=月額8,500円のほか、教材費=1万6,000円(初回のみ)、入学金=1万円(開講記念につき無料)、テキスト代=月額800円がかかる。

 同スクールの運営スタッフは「ロボットが動く姿に喜ぶ子どもの姿は、いつの時代も変わらないなと感じた。2020年からはプログラミング教育が必修化されることもあるので、スクールを通して楽しくプログラミング知識を身につけてもらえれば」と話した。

 「タミヤロボットスクール」の無料体験会は、3月3日・4日に高崎線宮原駅前のイエローサブマリン本店ビル4階でも開催する。無料体験会はそれぞれ、午前の部と午後の部の計4回。申し込みは電話(TEL 0480-31-6163)で受け付ける。