見る・遊ぶ

大宮駅西口から那須塩原市へ直通バス 積雪の懸念回避、期間限定で

初の試みとなる直通バス。冬の観光スポットも安全に訪問できる

初の試みとなる直通バス。冬の観光スポットも安全に訪問できる

  •  

 大宮駅西口から那須塩原市への直通バスが12月7日から、期間限定で運行する

さいたま・岩槻区にあるミツワ観光がバスの運行を行う

 塩原温泉・板室温泉のある栃木県那須塩原市はさいたまからの観光客も多いが冬の時期は雪が積もり、マイカーでの来訪は懸念があるとの声を受け、雪道でも安心してきてもらえるようにと、直通バスの運行を企画した。期間は2018年12月7日~9日、2019年1月18日~20日、25日~27日、2月1日~3日、22日~24日の全15日間。バスは、大宮駅西口・シーノ大宮ウエストビル前から発着する。料金は、片道大人=2,000円、子ども=1,000円(12歳以下座席使用の場合に適用)。

[広告]

 行きは、12時に大宮を出発し、途中1回のトイレ休憩を挟み、那須塩原市観光局に14時30分に到着する。バスの乗車料金は、到着時に同観光局で支払いとなる。帰りは乗車場所が3カ所あり、那須塩原市観光局=15時発、那須ガーデンアウトレット=15時20分発、千本松牧場=15時45分発となる。いずれも乗車のみで降車はできない。途中1回のトイレ休憩を挟み、大宮に18時15分ごろに到着する。帰りの乗車料金は、出発時に同観光局での支払いのほか、途中乗車の場合は運転手が対応する。

 同観光局の小林紀明さんは「塩原温泉・板室温泉では『ほっこり巻狩鍋プラン』という、地元名物の鍋料理が食べられる宿泊プランも用意している。安心安全にお越しいただければ」と呼び掛ける。

 バスの予約は利用希望日の前日17時まで。那須塩原市観光局(TEL 0287-46-5326)まで。受付時間は9時30分~17時(年中無休)。満席になり次第締め切りとなる。