3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

大宮・氷川神社で冬の風物詩「十日市」 熊手売る露店の前で手締めにぎやかに

大宮氷川神社十日市の様子=大宮・氷川神社で冬の風物詩「十日市」

大宮氷川神社十日市の様子=大宮・氷川神社で冬の風物詩「十日市」

  •  
  •  

 大宮の武蔵一宮氷川神社(さいたま市大宮区高鼻町1)で12月10日、年の瀬の風物詩である「十日市」(とおかまち)が開かれる。

大宮氷川神社十日市の様子=大宮・氷川神社で冬の風物詩「十日市」

 同社の最も著名な神事である「大湯祭」(だいとうさい)に併せて行われる同市は、参道を中心に長さ1キロ以上にわたり約1000店の露店が立ち並ぶ、大宮の冬の風物詩。熊手を買い求めに来る人も多く、熊手購入を決めた客と店の者が「手締め」をする声などがにぎやかに飛び交う。

[広告]

 神社のご社頭では、大湯祭当日のみ授与される熊手、福財布、福神札、稲荷神社札があるほか、「福種銭」の授与なども例年通り行われる。新しい神宮大麻はこの日に頒布を始める。

 10日に日が変わる午前0時から24時間にわたり行われ、昨年は約25万人を超える来場者があった。実行委員会担当者は「多くの人出が予想されるので、大宮駅東口から熊手を売る店が多く立ち並ぶ氷川神社境内付近まで通常20分程度掛かるが、もう少し掛かることもある。公共の交通機関を使い、時間に余裕を持ってお出掛けいただけたら」と呼び掛ける。

Stay at Home