3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

大宮経の年間PV1位は「台風19号関連」 食パン専門店や台湾屋台料理店の話題も

さいたま市内の小中学校などが避難所となった

さいたま市内の小中学校などが避難所となった

  •  
  •  

 大宮経済新聞の2019年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、10月に関東を直撃した台風19号関連の記事だった。

台風の影響で倒木した氷川参道のケヤキの木=大宮経の年間PV1位は「台風19号関連」

 ランキングは、今年1月1日から12月13日までに配信した195本のヘッドラインニュースからPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 台風19号接近でさいたま市に避難所 東日本大震災以来の開設、市内198カ所(10/12)

2. 氷川参道のさいたま市指定天然記念物のケヤキが倒木 台風19号の影響で(10/13)

3. さいたま北区に食パン専門店 「ケタ違い・まじ違う」味求め地元民が列(10/3)

4. 大型台風19号接近で大宮の商業施設が臨時休業 図書館、児童施設なども(10/11)

5. さいたまの台湾屋台料理店が3周年 駅弁風のメニューなど台湾庶民の味(10/2)

6. さいたまコクーンシティでセレクト型パンフェス 全国パン店など70店舗以上(4/27)

7. さいたま市にDIYワークショップ専門店 初心者ら手ぶらで参加も(10/28)

8. 大宮西口に「カンデオホテルズ大宮」 一般開放カフェバーや展望台露天風呂も(9/29)

9. 大宮で「さいたマハラジャ 2019 カレーフェスティバル」 さいたま市のカレー店4店が参加(11/15)

10. さいたまにパン店「魔女のコッペンパ」 県産小麦のコッペパンやかき氷も(5/17)

 1位、2位、4位は10月に関東を直撃し、さいたま市内でも浸水などの被害が多くあった台風19号関連の記事で、「非常に大型の台風」として事前から各所で注意が呼び掛けられていたこともあり、関連ニュースに住民らの関心が集まった。

 3位は、9月8日にオープンした高級食パン専門店「モノが違う」(さいたま市北区東大成町)を紹介する記事だった。「明るく個性的で、一度見たら忘れられない店」をテーマにしている通り、特徴的な外観もあり地域の住民が行列をするなど話題になったほか、6位、10位もパン関連の記事となり、高級食パン店のオープンや、パン関連のイベントが多い1年だった。

 5位、9位には、「カレー」「台湾料理」とエスニック料理関連の記事が入ったほか、8位には、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックを前にホテルの建設も増えている大宮周辺らしい話題となった。7位はさいたま市内では珍しいDIYワークショップ専門店を紹介する記事がラインク入りした。

 10位以下では、ダイヤ改正により埼京線快速が「さいたま市内全駅停車」となった記事(11位)、埼玉大学のミスコン「ミス埼大2019」を紹介する記事(15位)、ルミネ大宮LIMINE2の「フードエリアのリニューアル」(18位)の記事があった。

 大宮経済新聞は2019年も大宮の経済ニュースだけでなく、街ネタを中心とするビジネス&カルチャー情報を届けていきたい。

Stay at Home